ホルモン療法の経緯

| トラックバック(0)

9月半ば、どうにも辛いので、婦人科で相談してホルモン療法を始めた。

生理がこない飲み方ということで、エストロゲンと黄体ホルモンを1ヶ月続けることになった。
医者の話では効き目が出るのに1週間から2週間ということだったが、3日くらいで明らかに楽になってきた。

まず、平衡感覚がおかしくて、外を歩くのが辛かったのがなくなり、吐き気もかなりおさまった。
9月の連休に、母の1年の法事で帰省しなければならず、行けないのではないかと心配していたが、何とか無事にすませて帰ってきた。

その後も一進一退を続けながら、少しずつではあるが、楽になっている感じがして、ホルモン療法は確かに効果をあげていると思う。

しかし、1ヶ月を過ぎた頃から出血が始まり、一週間様子を見たが量が増える一方なので医者に相談して、とりあえず一旦飲むのを中止することになった。
さらに一週間後、出血はほぼ収まり、ホルモン剤をやめてから症状がひどくなることもないので、このまま様子を見ることになった。

現在、ホルモン剤をやめて1ヶ月が経過するが、悪化するわけではないので、そのまま様子を見ている。

たった1ヶ月だったが、ホルモン剤を使うことでこんなにも改善するのなら、迷わず早めに治療すればよかったと思った。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://haru-kuma.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/38

アーカイブ

>