自律神経を整える (呼吸)

| トラックバック(0)
自律神経は交感神経と副交感神経のバランスで保たれているらしい。

息を吸うとき=交感神経が働く
息を吐くとき=副交感神経が働く

ということで、吸う時は鼻から、吐くときは口から、腹式でゆっくりと深呼吸を繰り返す。
特に息を吐ききることが大事で、「スーーー」と言いながら少しずつ吐いていくと、よくこんなに長く息を吐けるなと自分でも感心するくらい長く出来る。
これは、昔ヨガを習っていたときに習得したので、今でも出来るのだ。

毎日、整骨院で首の牽引をしてもらっているときにこの深呼吸をやっている。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://haru-kuma.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/19

アーカイブ

>