まずは骨・神経・脳に異常がないのか確認

| トラックバック(0)

それまではマッサージで楽になっていた肩こりだったが、ある時、マッサージすると余計にひどくなる感じがして不安になった。

・腕がしびれる感じがある。
・指先がうまく動かなくて箸を使うのを不自由に思うことがある。
・朝起きた時に指先がこわばって曲げると痛い。
・バッグの中で鍵や定期入れを指でさぐっても探せない。
・さらに思い返すと、グラスや皿を落としてよく割っていた・・・

夫が頚椎ヘルニアをやったという友達に相談したら、しびれがあるなら整形外科で診てもらった方がいいとアドバイスしてくれた。
それも「整形外科専門医」を探していくように・・・とのこと。

整形外科と一口に言っても千差万別で、友達の夫は最初の医者では頚椎ヘルニアが分からなくて、その後行った「専門医」ですぐ判明したそうだ。

整形外科専門医はこちらで調べられる。
>>日本整形外科学会のホームページ

近くにある整形外科の医者名を検索したら幸い載っていたので、そこでレントゲンを撮ってもらった。

・脳からくる障害とは手の動き方が違う
・首のレントゲンで頚椎が狭くなっているところはあるがズレはない

などなどの理由から、骨や脳から来る異常ではなく、筋肉が固くなったことによる神経障害だろうとのことで、首の牽引とマッサージのリハビリを受けることになった。

とりあえず安心してリハビリに励むことにした。

特に血管拍動性耳鳴りがある場合は、脳に異常がある場合があるので、きちんと医者に診て貰ってほしい。(幸い私の拍動性耳鳴りはいつの間にか気にならなくなったが、今になってそのことを知ってぞっとした。)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://haru-kuma.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2

アーカイブ

>